FIREFIGHTING EQUIPMENT消防設備

火災・消火・避難の防災対策のプロとして
皆様の安心・安全を一貫してサポートいたします

プロテックは、豊富な実績や製品ラインアップ、専門知識をもとに、建物の用途や構造に合わせた防災プランを提案しています。企画から施工、長期にわたるメンテナンスまで一貫したサポートで安心・安全をご提供します。

消防設備

取扱設備紹介

火事が起きたときに
いち早く知らせる

警報

自動火災報知機設備

自動火災報知機設備

火災を素早くキャッチ

非常放送設備

非常放送設備

火災を素早く建物全体にお知らせ

火災通報装置

火災通報装置

火災を自動で消防署に通報

消防が駆け付けるまで
被害を減らす

消火

消火器

消火器

初期消火に最適、ご家庭から事務所まで
幅広く設置

消火設備

消火設備

工場から福祉施設まで、建物用途に合わせた
消火設備を設置

避難出口を
わかりやすくする

避難

避難器具

避難器具

火災発生時の緊急避難に最適、
誰でも簡単に操作可能

誘導灯

誘導灯

停電時でも点灯して避難経路をお知らせ

  • 消防署からの設置命令を無視をすると逮捕・罰金・営業停止などの行政処分に発展することも考えられます
  • 設備の設置を怠ったため被害が拡大したと見なされると火災保険が出ない場合もあります

メンテナンスの必要性

消防法第17条に基づき、消防用設備等を設置することが義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。

定期的な点検が義務付けられています

消防用設備などは、半年に1回の機器点検、1年に1回の総合点検
義務付けられています

定期的な点検が義務付けられています

特定防火対象物(不特定多数の人が利用するデパート・病院など)は
1年に1回消防署に点検報告書の提出が義務付けられています

定期的な点検が義務付けられています

非特定防火対象物(工場や事務所など決まった人が利用する建物)は
3年に1回消防署に点検報告書の提出が義務付けられています

定期的な点検が義務付けられています

点検してないといざというときこんなことが起こるかも

火事はいつ起きるか分からない・・・予防していても・・・まさか自分の管理してる住宅で・・・
建物が燃えて修理にお金がかかるだけでなく、消防法の違反として逮捕される・罰金の可能性もあります

点検してないといざというときこんなことが起こるかも

いざというとき
ベルが鳴らず
火事と気付けず逃げ遅れた

誘導灯が点灯せず
煙で逃げ場が
わからなくなった

避難器具で
逃げようとしたら
錆びて使えなかった

消火栓で
火を消そうと思ったら
水が出なかった

定期的なメンテナンスをおすすめしております

メンテナンス作業風景

安心・安全・快適な暮らしを守る為にもメンテナンスが必要です

メンテナンス作業風景
メンテナンス作業風景

取扱いメーカー

  • パナソニック株式会社
  • 能美防災株式会社
  • ホーチキ株式会社
  • ニッタン株式会社
  • 株式会社JVCケンウッド
  • TOA株式会社
  • モリタ宮田工業株式会社
  • NDC 日本ドライケミカル株式会社
  • ナカ工業株式会社
  • オリロー株式会社
  • 株式会社初田製作所

ページ上部へ